石川県オリジナル品種米「ひゃくまん穀」で感動!いつものご飯が一味違う




初めまして、はしいちです。

先日、スーパーであるものを購入しました。前々から気にはなっていたものなんですけど、なかなかタイミングが合わず買えない日々が続いてました。

あるものとは、今回ご紹介する「ひゃくまん穀」。石川県で新しく発表されたオリジナル品種米です。調べてみたら2017年10月5日に出たみたいです。

石川県のHPに詳しく記載されてます。ぜひぜひ見てみてください。

画像をクリックすると、ひゃくまん穀のページに飛びます。

なかなか買おうというタイミングで、我が家のお米が切れることがなかったので、ずーっと購入できずにいました。こんなんいつまで経っても買えん!ということで、お手軽な2kgサイズを買っちゃいました(笑)。

こういう思い切りも、ときには必要や。ということで、やっと購入にこぎつけました。やっぱ、新しいものを買うとテンション上がるよね。

ではでは、ひゃくまん穀を我が家で食してみたのでご紹介します。

パッケージ買い

 

このパッケージの目の引くこと(笑)。デザインは個人的に好みです。この赤基調なのが、ブランド感をひとつ上げてるようです。

後ろはすんごいシンプルな感じ。背面であろうと、読む気が失せるようなデザインだと購入意欲なんて激減するわな。これは、シンプルでいい感じだ。

家系図みたいなもん?すんごい品種改良されたあとが…。調べたら9年かけて作ったとか。

製造された方々は、ホントに

 

オツカレさまです

 

こんなんすごすぎじゃない?米と米を合わせて、新しい品種を作るなんて自分には絶対できない芸当だわ。

おいしい炊き方もレクチャー。

水加減って大切やよねー。少なめの水で炊くといいみたい。僕は柔らかいのが好きなんで、ここらへんはどうなんだろ?

実際に炊いてみて、調整するのが良さそう。水に浸すとか、蒸らしとかみんなやってんのかな?最近は炊飯ジャーも性能が凄いから、そこらへんどうなんだろ?

 

実際に炊いてみる

 

水加減は少なめ。少なめ、スクナメ…。

呪文のように唱えながら洗米してみました。んで、洗ってる最中に気づいたことが!

 

粒がしっかりしてる!

でかい!

 

いや、これすんごい違う。比較すると

左がいつも食べているお米の粒。右がひゃくまん穀。

こんだけ違うと、洗うときにも影響が出てきます。まあ、洗いやすい!粒がしっかりしているせいか、洗米しても白く濁らん(汚くない?)。

あと

 

粒が壊れない

 

ついつい力いっぱいやっちゃうんですけど、僕がやっても粒がしっかり残ってました。

なんか、こんだけでも感動するよね。テンション上がるわ!

出来上がり

 

洗米して、普通に炊飯ジャーで炊きます。心なしか炊飯ジャーからの香りもいい匂い。

 

めっちゃうまそう!

 

粒がしっかりしとるわ。べちゃべちゃじゃないし、ごはん!ってオーラがハンパない。

箸で持ち上げるとよくわかる。べちゃべちゃじゃない!キラキラしてるなー。

僕はあんまり違いがわからん男です(髪切ってるのに気づかないとか)。それでも、食べてないのにここまで違いがわかるとは。ロン毛と坊主くらい違う!

早速食べてみました。

 

食べてる感がすごい

べちゃべちゃじゃないのに粘り気がすげー!

 

米粒でこんなんい違うの?っていうくらい違いました。正直、米を甘く見ていたところがあったので強い衝撃でした。

もちろん、ご飯だけでもイケる。けど、おかずと一緒に食べるとご飯の消費がハンパない。こりゃあ、食が進みますわ。

まとめ

 

石川県のひゃくまん穀を食べてみました。

米粒の形から水加減などなど、こんなにお米によって違うのかという衝撃を受ける一品に仕上がってました。子どもたちも「美味しい」と言って、いっぱい食べてくれたので買ってよかったと思います。

石川県にはいろいろな食材などがあるので、どんどん試してみようと思います。石川県凄いやん!って本当に思えた今回のお米でした。

 

ではー