金沢でインスタ映え狙うなら「21世紀美術館」がおすすめ




初めまして、はしいちです。

先日金沢市にある「21世紀美術館」へ行ってきました。近隣には兼六園や金沢城、石浦神社など観光スポットがたくさんあります。県外から来た方はおすすめですよ。

んで、今回メインの21世紀美術館は、ちゃんと美術作品が多くあり、文化的な感性ももちろん養える場所でもあるんですけど、カメラを持ってくとすんごいテンションが上がる場所でもあります。

今回、21世紀美術館を訪問したので、ご紹介します。

21世紀美術館

 

▷公式HPはコチラから。

石川県金沢市広坂1丁目2−1

金沢駅からバスも出ているので、アクセスは良好かと思います。僕の友人は金沢駅から歩いてここまで来ました(笑)。バスやタクシーなどで来る方がいいかなーと思います。

金沢市民からは、21美(にじゅういちび)と呼ばれているそう。息子から最近教えてもらいました。絶対嘘やんと思いましたが、ホントらしいです。

 

なんでもかんでも

略すな!

 

って、心の中で思ったのは秘密です。だって、「漢字ドリル」を漢ド、「計算ドリル」を計ドって学校で行ってるんですよ?

おっと、脱線しました。とにかく21美と言われてるほど親しまれている場所。美術館なのに、結構無料で楽しめる所も多くあるので、ふらっと寄ってみるのもアリかなと思います。

まあ、ここで言うのもなんですけど、ここで

 

金を払ったことない

 

です。ホントに無料でも遊べます。遊べるというのは、屋外でもいろいろなオブジェがあるので、子どもたちの遊び場にもなります。

屋外から楽しめる

 

どなたの作品かはわかりませんが、結構面白いです。芸術作品で直に体で触れるって貴重な体験だと思います。まあ、これで感性が研ぎ澄まされるのとは、別ものなんでしょうけど。

これが美術館入口で、まず目に入る作品。いろいろな原色の壁がそそり立ちます。子どもたちがここで必ず立ち止まります。んで、鬼ごっこが開始される(笑)。

中の球体。曇りで撮影したので、ドンヨリしてますけど辺りを見回すと面白いですよ。原色が折り重なって、また違う色が見えたり。

コチラは、金沢市役所の近くにある沢山の球体が重なった作品。中に入って写真を撮ったんですけど、幻想的でした。

他にも椅子やラッパのような形のものなど、多数の作品があります。それが全部触れるので、子どもたちももちろんなんですけど、大人も興奮して楽しめます。

写真も撮り放題なので、インスタなどいい写真がアップできそうです。

館内ももちろん楽しめる

 

屋内スペースも無料で芸術作品を楽しめるスポットが結構あります。時々、イベントで行列ができたり、祝日休日などでめっちゃ人が多いときがあったりします。

僕は無料で楽しみます!

有名な作品とかは、一回観たい気もしますけど、ここは無料で楽しみます。全くお金を落とさない僕…。

こういうおしゃれな椅子がポンと置いてあります。普通に座って休憩もできます。

一体これは何なんだろう?芸術的な感性がまったくないわ(笑)。「ほー」って言ってみたい。黄色いTシャツの引っ張られ具合が面白い。

うさぎのような椅子もあります。これ、インスタ映えとかめっちゃしそうじゃないですか?僕にはそんなセンスも技術もないですけど…(泣)。

他にも上からも下からも見れるスイミングプールなど、インスタ映えしそうなスポットがたくさんあります。ミュージアムショップでお土産を買ったり、レストランで軽くお食事なんかもできたりします。

まとめ

 

金沢市民だけでなく、県外からも多くの人で賑わう21世紀美術館に行ってきました。無料で楽しめる作品も沢山あり、かっこいい写真も多く撮れ、一人でも家族でも、友だちとでも楽しめる場所だと思います。

今回行って思ったのは、もっといい写真が撮りたいと強く思いました。スマホでもいい写真が撮れるはずなんだし、勉強してみよう!

 

ではー