石川県ふれあい昆虫館|白山市にある「カブトの森」や「チョウの園」がおすすめ

石川県ふれあい昆虫館




初めまして、はしいち(@ha4ichi)です。

「ふれあい昆虫館ってどんな所なの?」

「どうせ死んだ昆虫ばかりで楽しくないんでしょ?」

小さな子どもは、スマホのゲームや携帯ゲーム機で、家の中はもちろん外でも遊んでいる時代になりました。

そんな時こそ、自然で遊ぶのも刺激的だと思いますよ。

でも、なかなか気軽に自然と遊ぶことが出来ないっていう、そこの奥さん!

石川県羽咋市にある「石川県ふれあい昆虫館」に足を運んでみませんか?

子どもの成長や昆虫に対しての知識を学ぶことが出来る、素晴らしい施設となっています。

我が家の子どもたちは、終始興奮気味で楽しそうでしたよ!

ではでは、今回行ってきた「石川県ふれあい昆虫館」、是非ともご覧になってください。

白山市の素晴らしい観光スポットも合わせてご紹介!

白山白川郷ホワイトロードの詳細記事はコチラから。

続きを読む▷

入った瞬間から「学べる」昆虫の館

 

毎年我が家の恒例となっています「石川県ふれあい昆虫館」へ行ってきました。

石川県ふれあい昆虫館看板

ココ、石川県ふれあい昆虫館を訪れるのは、だいたい暑い夏に行くことが多いんです。

なぜかって?

 

カブトムシに触れたい!

 

その一心でふれあい昆虫館に来ています。

カブトムシに触れられる「カブトの森」に行くことが、我が家(特に僕)が一番楽しみにしていること。

石川県ふれあい昆虫館

一見したら学術的要素が全く感じられない、ふれあい昆虫館ですけど、ちゃーんと学べる工夫もされているんです。

石川県ふれあい昆虫館標本

カブトムシの標本をはじめ、数多くの標本が置いてあります。

虫嫌いな奥様方が、一様に早歩きなのは見てて楽しい(笑)。

石川県ふれあい昆虫館虫

あんまり日常では見ることの出来ないモノを、間近で感じられる不思議な空間です。

「カブトの森」で子どもの成長を感じよう!

 

我が家(僕)の一番期待しているカブトの森。

石川県ふれあい昆虫館カブトの森

何と言っても、ここの醍醐味は本物のカブトムシに触れられること。

昔は、よくおじいちゃんやおばあちゃんのお家に行った時、カブトムシを捕まえに行ったもんです。

今ではなかなかその機会がなく、子どもに寂しい思いをさせていました。

石川県ふれあい昆虫館カブトの森

一番上の子が、初めてカブトムシを見た時は怖がって手が出なかったもんです。

それが今じゃあ、下の子たちに見本を見せるかのように、カブトムシの持ち方を教えていました。

石川県ふれあい昆虫館カブトムシ

一生懸命「ココを持つんだよ!」「怖くない、大丈夫」と言って、下の子たちを応援していたのが印象的でした。

親としたら、その光景を見ることが出来て嬉しい反面、昔の怖がっていた上の子の姿は見れないんだなーと、少し感慨深いものです。

来年の夏も、カブトの森に来て子どもたちの成長を見ていきたいと思います。

いっぱいの蝶々と記念撮影!「チョウの園」が楽しすぎる

 

子どもの成長を見届けた後、次なる目的地であるチョウの園に向かいます。

石川県ふれあい昆虫館チョウの園

写真にも載ってますが、チョウの帽子が出来るのは日曜日と祝日のみ。

 

平日行ったらもったいないじゃん!

って思ってる、そこのあなた!違いますよ。

平日こそ、僕はオススメします。

だって、人が全くいなくてほぼ貸し切り。

 

このチョウの園という、非日常の空間を独り占め出来る贅沢ったら、他には代えがたいものがあります。

石川県ふれあい昆虫館チョウ

普段こんなに近くに寄れないチョウをパシャリ!

人が近くにいても、怖がらずに辺りを華麗に飛んでいます。

石川県ふれあい昆虫館チョウ

なんなら、こうやっておっさんの手にも泊まってくれます(笑)。

ちょいとくすぐったい!

普段の公園にもチョウがいますけど、なかなかこうはいかない。

石川県ふれあい昆虫館チョウ

この帽子にチョウが集まって来てくれるんです。

すごい時には、チョウで目の前が見えなくなるほど!

写真撮影スポットにも適してます。ただし、チョウが嫌いな人は単なる地獄です(笑)。

意外と、チョウが嫌いっていう人多くないですか?

僕の周りには結構います(笑)。大変だ!

「触って」「嗅いで」五感で虫を知る展示

 

チョウの館を通り過ぎると、次は色々な虫の生態について学ぶことが出来ます。

石川県ふれあい昆虫館展示

ココ石川県でも、数が少なくなって採集が禁止されている昆虫もいるそう。

そんな虫がいるんだなと、大人も学べる機会になりますよ!

石川県ふれあい昆虫館展示

これ何かわかりますでしょうか?

なんと、なんと

 

虫の臭いをかぐ

 

凄くないですか?虫の臭いをかぐって、なかなか勇気入りますよ。

自分の足の臭いですら恐怖なのに…(笑)。

石川県ふれあい昆虫館展示

コチラは先ほどのカブトの森と同じく、実際に触れられるコーナーです。

意外と知らない昆虫がいたりで、触れるのは勇気がいりますよ(笑)。

ただ、子どもたちはキラキラな期待する目で僕を見てくるもんだから…。

悲鳴出して尻もちついたら、パパかっこ悪いってなります。

ここは、男見せてあげてください!

奥には子どもの学習意欲を深める「学習コーナー」

 

実際に触れて見て、嗅いで…。

その後は、ゆっくり学習コーナーでお勉強です。

親は休憩かな?

石川県ふれあい昆虫館学習

昆虫関係の本もあるし、絵本も多数そろえてありました。

でも、ここではないんです。

子どもたちが興奮して学ぶ?場所がコチラです。

石川県ふれあい昆虫館学習

折り紙で、昆虫を折るコーナー!

みんな夢中!まさに夢中!

親はその間、ゆっくり休憩タイムって感じになります(笑)。

ただ、折り紙の世界は深いです。知らない折り方が多数…。

普段の入場料金をお得に割引する方法

 

ふれあい昆虫館の料金はコチラになっています。

石川県ふれあい昆虫館料金

基本料金はこのようになっていますけど、実はある方法を使ってお得に入館出来るんです。

それがコチラ。

 

プレパス

 

よっ、出ました!プレパス!

当ブログでは結構出ていますね(笑)。

石川県では「子育てにやさしい企業推進協議会」より、プレミアム・パスポートが発行されています。

公式HPはコチラから。

↓石川県では色々な施設やお店でもプレパスを使うことが出来ます。

餃子の王将の詳細記事はコチラから。

続きを読む▷

では、石川県ふれあい昆虫館でプレパスを使うと、どれほど料金が割引されるのか?

コチラをどうぞ。

石川県ふれあい昆虫館割引

子どもの料金だけでも、値引いてもらえるとホントに助かりますよね。

プレパスさまさまです。

プレパスの特典を探すアプリ「プレまっぷ」はコチラから。

続きを読む▷

石川県ふれあい昆虫館の口コミ

 

気になる口コミはコチラ。

館内には沢山のチョウがひらひらと飛び回っていて、とても可愛らしくて癒されます。子供もとても喜んでいました。

立地は、鶴来なので山なのですが自然豊かで館内に入る時に少々ワクワクする。館内は、子供向けの施設に作られているが,特にたくさんの蝶が舞い止まるスペースでは、童心に返る。いつまでも浸っていたい秘密の花園のようです。

入場料金は安めに設定されています。
当日は、小学生ぐらいの男の子が多く訪れていました。
チョウがいる場所は綺麗ですが、
やはり熱帯植物園のような温室なので、暑かったです( ̄▽ ̄;)

色んな種類の虫がいて、触ったりも出来るようです!私は虫が苦手なので入りませんでしたが、夫と子どもたちはとても楽しかったらしく、虫トークで盛り上がっていました!

じゃらんから引用。

やはり、虫ってだけで毛嫌いされる方もいますけど、童心に返られる素晴らしい場所だと思いますよ。

じゃらんの口コミはコチラ。

ふれあい昆虫館の開館・駐車場情報など

 

今回僕たち家族が行ってきた「石川県ふれあい昆虫館」の情報はコチラです。

石川県白山市八幡町戌3

 

名称 石川県ふれあい昆虫館
住所 石川県白山市八幡町戌3
営業時間 4月~10月/AM9:30~PM5:00

11月~3月/AM9:30~PM4:30

休館日 火曜日・年末年始
駐車場 無料駐車場有(普通車64台・バス4台)
交通アクセス 白山ICから車で40-50分

 

まとめ

 

今回は石川県羽咋市にある「石川県ふれあい昆虫館」に行ってきました

毎年恒例となっている石川県ふれあい昆虫館ですが、行くたびに色々な発見があって、とても素晴らしい施設だと思います。

季節によって、様々なイベントも催されているので、夏に限らず1年を通して通ってみるのもアリやと思います。

上の子の成長が嬉しすぎて、涙が出そうになったわ…。

 

ではー