さーて車を買うかー!デイーラーをある程度巡ってみた




初めまして、はしいちです。

新車を購入する決意を固めて、ディーラーに行くことになりました。

▷さーて車を買うか―!知識のカケラもないのに車を購入してみようかな

▷さーて車を買うかー!ディーラー巡りを開始してみる

何社か緊張しながらもですけど、巡ってみましたので感想をばご報告したいと思います。

時間がかかる

 

1社入ると、思ったより時間がかかります。1時間で終わればいい方で2-3時間かかるのが当たり前。まあ、相手は何とか売ってやろうと必死ですからね。気持ちは本当にわかる。

ただ

 

疲れる

 

実際に車を見て、試乗して。ここまではテンションも高めで、営業の方との話も弾みます。でも、カタログ持ってきて実際の金額の話や、オプションの話になると本当に疲弊する。だってそこまで考えてないもん。

考えていれば、こだわりがあればそんなことはないんでしょうけど。何もなく車を見るだけで入ると、ちょいと気持ちが萎えます。

僕ひとりならまだいいんですけど、子どもたちも待ってるわけで。Kidsコーナーもあるので、幾分かは助かってますけどそれでも限界がある。

 

車を見て、サクッと帰る方法はないものか…

 

自分を強く持てば、そんなことはないんでしょうけどね。いらないなら、いらないとはっきり言う勇気が必要だ!そんなことを今回の車を購入するというイベントで、改めて気づきました。

各社の違いが何となく見えてくる

 

これは、自ずと見えてくるものなんでしょうね。ここの会社はここがウリなんだなーとか、ここが弱いんだなーとか。同じような説明でも、何となく見えてきます。営業の方のプレゼン能力ももちろんあるんですけどね。

ただ、実際に車を目の当たりにするとそれが実感します。もっと言えば試乗するとなおさら見えてきます。

 

あれ?

さっきの会社のほうがすごい

こっちの方が機能してる

 

とかね。素人目線ながらも、見えてくるのがありました。最初は排気量がナンタラとか、ホントにわからんかったんですけど、なんとなく体感するとわかるようになりました。

あとは使い勝手。ほんとに各社特徴的なものが揃ってるんで、オーナーさんの好みで決めればいいんだなーと再確認しました。

店内の雰囲気

 

これも各社、全然違う。展示車が外にあるとか、商談スペースがプライベート空間みたいになってるとか。

そもそも建物が新しい、古いとかも、もちろんありました。でも、そんなの関係なく工夫してやられてるところもあったりで、興味深く見せてもらいました。

総じて言えるところは、みなさん接客が上手。接客業だから当たり前かもしれませんけど、基本に忠実というか、お客目線で話をしてくれます。

子どもに対しても、素晴らしい対応をしてくれるので、本当にありがたいです。この精神は見習うものがありました。僕が行ったところが、ただ運が良かったのかもしれません。こればっかりは何ともですけどね。

ただ、ここまで対応が良いと

 

断りずらい!

 

何と言って断ればいいのか…。これから1社に絞らないとなんですけど、購入するところもあれば、お断りするところもある。あー、どうやって伝えればいいんだ…。課題です(泣)。

まとめ

 

今回の車を買うお話は、ちょいと違う感じの記事となりました。改めて、車を買うだけでなく、人との付き合いも始まるものなんだなーと実感しました。

これから車の選定を決めていくんですけど、どのように決めていくか…。良いモノばかりで本当に悩みます。

車を買うって、ホントに大変だなー。

 

ではー