ここが気になる!金沢市にある卵の自動販売機「たまご市場」の卵を食べてみた




初めまして、はしいちです。

人それぞれ、気になるけどなかなか足が向かない場所ってないですか?僕も多分に漏れず、ありました。

それが、卵の自動販売機「たまご市場」です。金沢市に数か所ある?と噂されている場所で、僕も何か所か見たことがあります。見た目が黄色なので、すんごく目が向く(笑)。

んで、今回その卵自動販売機で念願の卵を購入したのでご報告します。

ここに売ってる

 

僕が購入した場所は、有松にある「れもん湯」。

 石川県金沢市有松3丁目11−6

昔っからある銭湯です。ここはいつもお客さんがいっぱいいるイメージ。儲かってんだろうなー。

ここの脇にひっそりと、かつ独特なオーラで設置されているモノがあります。それが、今回の卵の自動販売機。

 

買う勇気が湧かん

 

買ったのが、夜だったせいか。それとも、僕の意気地なし根性がでたのかはわかりませんが、足取りが重い(笑)。せっかく来たんや。買おう!心で反復しながら、販売機の前に立つことができました。

圧倒的な存在感

 

独特な黄色の販売機がコチラ。

一見したら、販売機には見えん(笑)。

妖しい雰囲気で、強烈な照明で照らされてます。遠くからも黄色!ってわかる感じがすんごい。

卵の美味しさは鶏のエサで決まります!

いいですねー。この断言系は、個人的に加点ですよ。もっともっと言ってくれ。

購入方法は向かって右側にあります。写真付きで表示されてますけど、あんまり考えずに購入することができます。考えるとしたら、どの卵を買うのか。どの卵を食らうのか。その悩みでモンモンとはしそうです。

実際に購入してみました。

お金を入れて、欲しい卵を選択してスイッチを押す。

 

ドカン

 

夜だからでしょうか?とんでもなく音が響き渡りました。

こんな音しちゃいけん食材ではないのだろうか?そういう疑問を持ちながら、扉をオープンします。

ありました、ありました。

見た感じ、卵は割れてなさそうです。卵を人生初で自動販売機で購入したぜ!さっそく、ウチで食してみることにします。

高級な卵によるTKG

 

僕が今回チョイスしたのは、コチラの卵です。

ー海からの贈りものー

マリンエッグ

このネーミングセンスを、僕は高く買いますよ。どんどん卵をアピールしたい気持ちをひしひしと感じます。たまご市場の人気№1!卵かけごはんで、ぜひ!!って言われたら買うしかないでしょ?

6個で480円だったんで、1個あたり80円!

 

たっか!

 

もう少しいけば、スーパーのセールのときに買える1パック並みやん!高いなー!

この卵の色が高級感でますな。卵の殻って、エサによるんですかね?ブランド感がありますねー。

早速食してみます。

前からやってみたかったことがあるので、ワクワクです(笑)。

それがコレ!卵を箸でつかむっちゅう行為。

これも人生初やなー。卵を箸でつかめるのって、新鮮な証拠でしたっけ?力をかけずに、黄身と白身が分離して天高く持ち上げられます。

 

このまま口の中に入れたい(笑)

 

ではでは、この卵をTKGに変身させるために、ホッカホカのごはんに投入します。

めっちゃ絵になる!

 

これは期待大やわ。

早く卵をかき混ぜて、口の中に。っていう欲求を抑えて、最初なのでシンプルな味付けに「醤油」を選択しました。

さあ、いざ実食!です。

 

しょっぱい

 

ええ、醤油を入れ過ぎました。気合入りすぎたようです。

ただ、醤油の塩分と風味が、僕を何回も襲ってきます。でも、うまいはうまい。醤油は日本の誇れる調味料ですからね。調整するために、ご飯をつぎ足します。が、後の祭り。

 

卵の良さが見当たらん

 

もうね、醤油とご飯に埋もれてしまって、いつものTKGにしか感じん(笑)。僕の大失敗や!生産者に謝らんと(泣)。

まとめ

 

前々から気になっていた卵の自動販売機「たまご市場」の卵を購入することができました。

マリンエッグちゅうインパクトがあるネーミングも良し!独特な雰囲気を醸し出す自動販売機も良し!この雰囲気を感じられるだけで、購入する価値はあるかと思います。結構なお値段はしますが、それに見合う値段かもしれません。

今回は、僕の失敗で卵の味を壊してしまいました。次回は気を付けて、ちゃんとしたTKGにしてみようと思います。出来たら前回購入した「ひゃくまん穀」でも試してみたいです。見事なハーモニーが生まれるかも?

▷石川県オリジナル品種米「ひゃくまん穀」で感動!いつものご飯が一味違う

 

ではー