Microsoftの「Designer Bluetooth Mouse」を1か月使った感想




初めまして、はしいちです。

先月Microsoft社から発売されている「Designer Bluetooth Mouse」を購入しました。

見た目がスタイリッシュで、携帯性に優れているとの触れ込みだったので、期待して購入しました。

今回、そのマウスを購入して1か月経ち良い所、悪い所が見えてきたのでご紹介します。

「Designer Bluetooth Mouse」

 

今使っているパソコンに合うマウスを探した結果、これにたどり着きました。

見た目、スタイリッシュで重さも軽いのですんごい重宝しています。

何より、Bluetooth接続なのが嬉しいです。有線の煩わしさからの解放です。

いいところ

 

何より、黒のマットな質感がとてもいいです。

僕の使用だと、手首が疲れることも皆無ですし。

スクロールホイールのカチカチ感が心地よいです。

電池は単4電池2つです。

まあ、何よりカッコいいです。それに尽きますね。

 

ここがイマイチ

 

このマウスは青色LED式です。

レーザーマウスと比較しても様々な場所で動作検出性能が高く、かつリフトオフディスタンス(マウスを持ち上げても反応する距離)は短い。

青色LED式のはずなんですけど、全く動作しないときがあります。

これが、マウスのせいなのか、机のせいなのか、はたまたパソコンのBluetoothが悪いのか知りませんけど。

まあ、使えなくなることが多い。

これは致命的だと思いました。理由がわからんですけど、使えないのはいただけないです。

他の探そうかなー。

まとめ

 

Microsoft社の「Designer Bluetooth Mouse」を、1か月使った感想をご紹介しました。

やはり、使ってみないことには分からないことも大いにありますね。機械の個体差ももちろんあるでしょうし。

一概には言えませんけど、今回の僕のやつはちょっとーって感じでした。

他にいいやつないかなー。

 

ではー