【缶つまSmoke】くそ高い缶詰を食べて大人になったことを実感したお話




初めまして、はしいちです。

先日とあるドラッグストアーに寄ったところ、ある場所で立ち止まりました。いつもなら、絶対に止まらない場所。

そこには缶詰が陳列されており、いろいろな種類のものが楽しめる場所になっています。ホントにたくさんの種類があって、興味深いです。

ですが、僕はあんまり缶詰を食べない。なぜか?そもそも、僕の偏見として災害時用のモノとして考えていることが大きいと思います。

ただ、今回立ち止まった理由として、その種類の豊富さ!こんなにあるのかと。んで、つい物は試しと、ひとつ購入してしまいました。

今回、その缶詰の出来にびっくりしたのでご報告します。

高級感漂う缶つまSmoke

 

今回購入して缶詰がコチラ。

缶つまSmokeっていう缶詰。

その他のラインナップとして、缶つまプレミアムとかあるらしい!めっちゃ食べてみたい!今まで見たことがある缶詰のイメージからは、結構かけ離れた感じ。

缶詰っちゅうたら、なんか絵がゴテゴテ書いてあってうるさい感じ。ホントに偏見なんですけど、江戸のイメージがありました(笑)。

そこからはずいぶんかけ離れたパッケージ。なにか高級感を漂わせる缶詰。そりゃあそうだ、この缶つまSmokeは1個400円くらいするもん!

隣にあった缶詰は、1個約100円とかでした。うん、僕もこれくらいの感覚です。この感覚で見ると、超高級品に見えるぞ。

この缶つまSmokeを見たときの感想は

 

くっそ高っけー

 

言葉がすんごい悪いですけど、正直にこう思いました。いや、高いでしょ?

高い、すんごい高い!でも、食べてみたい!この欲求がめっちゃ高まり、奥さんに相談。なんとか購入することに了承を得ました。

なぜに購入に至ったか?それは、ただ単に興味があったから。1缶400円なんて高級品を、ホイホイ買うなんて難しいですから。庶民ですから。

僕もやっと大人になりました。どこかで、こういう経験もしてみないとっちゅう思いもあるので、購入に踏み切りました。

やっぱり、いろいろな経験積んでこその人生ですよ!って、なんか変な感じ(汗)。

いざ開封

 

実際に開封してみました。

今回購入したのは「たこ」。いやー、このシンプルさも雰囲気のある感じですねー。

こっちなんて、もっとシンプル。たこ!

中には普通に缶詰が。

ただ、横側はなんとなくマットな感じに仕上がってます。

そういや、缶詰開けるのってずいぶんやってないなー。昔は缶切りとかで開けてたなーとか、いろいろ思い出します。

さあ食べようか

 

いろいろ考えちゃいましたが、開けましょう!食べましょう!

開けたときの率直な感想は、「うわ、たこや!」っちゅうそのままの感想。我ながら貧相な発想だ。

さあ、食べてみます!

僕のイメージとしたら、たこのプリっとした食感があるのを想像してました。どこまで噛んでもたこが居なくならない、そんなイメージ。

今回食べて思ったのが

 

しっとり

 

1回噛んだら、ほろほろって感じにしっとりと口の中で無くなっちゃいます。たこのイメージとはずいぶんかけ離れてますけど、しっかりとしたたこの味!

あと、スモークした香りも良し!サクラって書いてありましたよ。

LOGOSの燻製器を購入したんやぞー

燻製油に漬けてあるみたいで、しっとりした感じのあとにじゅわってなる感じも面白かった!

 

食べてみての感想

 

実際に食べてみて、缶詰としたら面白いもんだなーって思いました。子どもの頃は絶対に口に入れることは難しいものでしょうけど、大人になったからこそ、この味を味わえる!大人の醍醐味やな。

でも、やはり思うんです。

 

くっそ高っけー

 

缶詰食べながら、この1個50円くらいするんか…。とか思いながら食べました。やはり高いですわ。いや、まだまだ僕が大人になりきってないからなんでしょうね。

あと、これはお酒のおつまみに適してそう。僕自身はお酒に強くないんでわからんのですけど、お酒好きなら喜びそう。でも、つまみでこの値段…。

1番思ったのが、これ食べてると燻製したいなーって思う。最近してないしなー。

LOGOSのスモークタワー使ってみたぞ!燻製初心者でも簡単やった

 

まとめ

 

ちょいとお高めの缶つまSmokeを購入しました。

Smokeと付くだけあって、燻製された香りがとってもよかったですよ。たこの食感も普段と違う感じだし、ぜひ食べてみることをおすすめ!

この缶詰を通して学んだことは、まだまだ僕自身大人になってないんだなーってこと。そして、まだまだ知らないモノがいっばいあるってこと。

どんどんチャレンジしていこうと、この缶詰を通して学びました。頑張ろー。

ではー